こんにちは、あらいです。

 

先日、女性のお客様と同乗しました。

定期的な診察の為、通院されているとのこと。

 

自宅から病院へ向かう途中で、色々とお話を聞かせて頂きました。

 

足が少し不自由な方で、普段は自宅に籠りがちですが、外へ出る機会があるときは、少しでも歩くことを心掛けている様です。

 

何故ならば、歩くことをしないと、どんどん脚力が弱り、歩けなくなることを危惧されていました。

私も、可能な限り歩くことをお勧めしました。

お客様が危惧されることが、早期に現実化されないためです。

 

また、お客様が悩まれていた事があり、それは緊急時、どの程度の事を「救急車」呼ぶのか?

 

現在、通院されている先の主治医からは、何かあったら直ぐに救急車を呼びなさいと言われている様です。

しかし、些細なことで呼ぶのは如何なもの?と悩まれておられました。

 

確かに、言われてみるとその通りで、どの様な症状があれば救急車を呼ぶか、私自身も判断に迷いそうです。

 

皆さん、過去に救急車を呼ばれた経験をお持ちであれば、

「どの様な時」に、「どの様なタイミング」で呼ばれたのか、お教えください。

私自身の参考にしたいと思います。

 

愛知県名古屋市の介護タクシーなら
フォレストの介護タクシー をヨロシクお願いします!
http://www.かいごタクシー.nagoya/

・フォレスト 奥義『猫の手サービス』
愛知県名古屋市で 介護の会社が行う便利屋サービス!
http://www.neko-forest.com

フォレストのホームページ   フリーコール 0120-965-776
http://www.forest-japan.jp