こんにちは。月曜日担当の村上です。
先週、「耳マーク」と「聴覚障害者標識」についてブログを書いたのですが、次の日にはこんな記事が配信されていました。


スピード違反の命令聞こえず? 聴覚障害の米男性、警官が射殺
AFP=時事 8月23日(火)13時4分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160823-00000020-jij_afp-int

米南部ノースカロライナ(North Carolina)州で今月、スピード違反で停止命令を受けた後も車を走らせ続けた聴覚障害者の男性が警官に撃たれて死亡していたことが22日、地元捜査当局の発表などで明らかになった。当局は警官側に過失がなかったか調査に乗り出した。

死亡したのは、聴覚に障害があるため意思疎通を手話に頼っていたダニエル・ハリス(Daniel Harris)さん(29)。地元テレビ局WSOCによれば、18日に州間幹線道路で車を走らせていたところ、速度が超過しているとしてジャーメイン・サンダース(Jermaine Saunders)州警官から停止を求められたが、そのまま走行。シャーロット(Charlotte)にある自宅前まで13キロにわたって同警官の追跡を受けたという。

州幹線道路警察の声明によると、ハリスさんは車を降りたところでサンダース警官と鉢合わせになり、撃たれてその場で死亡した。WSOCは州捜査当局の話として、ハリスさんは当時、銃器類を所持していなかったと伝えている。

捜査当局はサンダース警官を休職扱いとして、車載カメラやボディーカメラの映像分析を含めて当時の状況を調査している。

ハリスさんの自宅近くに住む男性はWSOCに「彼はサイレンが聞こえない。何も聞こえないんだ」と話し、銃撃は「絶対に許されないこと」と憤りをあらわにした。【翻訳編集】 AFPBB News


83025_02


ちょっと怪しげな黒人など、すぐに米国の警察官に射殺されてしまうという最近のアメリカの現状にも憂えますが、今回はアラブ系ではないかという情報もあるようです。

いずれにしても、世界各国の老若男女誰にでも正確に分かるように、障害者に関する案内標識は万国共通であって欲しいと思います。2020年東京パラリンピックに向けて、日本から発信できたら良いとも思います。




愛知県名古屋市の介護タクシーなら
フォレストの介護タクシー をヨロシクお願いします!
http://www.かいごタクシー.nagoya/

・フォレスト 奥義『猫の手サービス』
愛知県名古屋市で 介護の会社が行う便利屋サービス!
http://www.neko-forest.com

フォレストのホームページ   フリーコール 0120-965-776
http://www.forest-japan.jp