Yahoo!ニュースをみていたらこのようなものがありました。


キャプチャ2

http://bylines.news.yahoo.co.jp/takeuchiyuno/20160623-00059163/

内容は読んでいただけるとわかるのですが、自閉症と、俗に言われる健常者の差は明確ではない。

ということだそうです。

自閉症スぺクトラム指数チェッカーなるものがあり、その指数が大きいほど自閉症の要素が高いそうです。
http://maminyan.com/asd/post.php

これを読んで、少し不安になりました。
先天的な脳の機能障害として明確になればなるほど、それに従い能力別に階層に別れさせてしまうのではないかと・・・
「あなたの能力はこのゾーンにあたるから、これをやってもらえればいい」など努力は関係なく決められる、というような感じです。

これまでも自閉症の方が努力されて素晴らしいことをやり遂げた事例はよくあります。

ただ、上記のようなことが進むと人間は数値化され、期待や希望をすることされることが薄くなってしまうのではないかと思います。

数値化され、効率化を図る・・・
間違っていないけど何か寂しい気もします。

近い将来このようなことになるのかもしれません。


かわいでした。

・フォレスト 奥義『猫の手サービス』
愛知県名古屋市で 介護の会社が行う便利屋サービス!

http://www.neko-forest.com