こんにちは。月曜日担当の村上です。

今回は、介護事業経営支援サイトを運営する「けあコンシェル」が、介護業界に向いているのはどんな人かというアンケート調査を、介護業界のスタッフを対象に行い、その結果を5月9日に発表したというニュースです。

調査期間:2月22日~3月7日
対象:全国の介護業界で働くスタッフ100人

kaigo-0001

介護業界に向いている人はどんな人かという質問に対して、「メンタル面が強い人」が42%。次点の「身体がタフ」が21%なので精神面の強さをあげた人は2倍。続いて「心が優しい」が13%、「コミュニケーション能力が高い」が12%、「相手の気持ちが分かる」が12%の回答を得ました。

【現場を知る人から見た介護に向いている人とは】

いろいろな性格の人を相手にするのでうまく受け流せるくらいの「精神力」が必要だと感じている。精神面が強ければストレスになりにくいし、自己管理も出来るというわけだ。

介護職は長時間勤務や夜勤もこなし、忙しいうえに高齢者を抱えたり、車椅子に乗せたりと力仕事も多いので「身体がタフ」でなければ持ちこたえられない。

「心の優しさ」をあげた人は、相手の気持ちが分からないとこの仕事は勤まらないと思うと答えている。そして何を求めているかを聞き出して、説得も必要になるから「コミュニケーション能力」は大切である。

一方で、話をするのが不自由な人もいるから言葉なしでも「相手の気持ち」を考えて行動できないとやっていけない。話し上手で思いやりがあり、相手の身になって行動できて、身体が丈夫で精神的にもタフで安定している。

介護職が考える介護に向いている人は、人間としても魅力のある人のようだ。

けあコンシェル 【アンケート結果】
http://www.r-lease-cc.jp/weekly/questionnaire18/

調査対象が僅か100人なので何とも言えませんが、「メンタルがタフ」「体がタフ」と答えた63%の人と、それ以外の37%の人とは、回答しているポイントが相反しているような印象を持ちました。

63%の人は自分にポイントを置いているようで、37%の人は介護する相手に対してどうあるべきかにポイントが置かれているように感じました。

明るく元気な人というと、63%に該当する人になってしまいそうですが、実際の回答の中味はストレスに強いとか、夜勤に耐えられるとか、介護そのものとは懸け離れているような感じです。詳しい内容は【アンケート結果】の下のURLをチェックしてみて下さい。

弊社でも最近ご利用者様に、ケアをさせて頂く上で何を優先・必要とされるのかアンケートさせて頂きました。集計結果はまだのようですが、ご利用者様が必要とする介護職の人とは、どんな人なのでしょうか。




 愛知県名古屋市の介護タクシーなら
フォレストの介護タクシー をヨロシクお願いします!
http://www.かいごタクシー.nagoya/

・フォレスト 奥義『猫の手サービス』
愛知県名古屋市で 介護の会社が行う便利屋サービス!
http://www.neko-forest.com

フォレストのホームページ   フリーコール 0120-965-776
http://www.forest-japan.jp

prayforkumamoto-001