皆様、いかがお過ごしでしょうか?

週末担当の植田です

もうすぐ クリスマス ですね

今年のクリスマスにちなんだ話題は、

この地球上に2つ存在する、

「クリスマス」の名を冠した島のお話にしましょう



まずはオーストラリアのクリスマス島から

1958年からオーストラリア領となったこの島は、

南緯10度30分、東経105度40分に位置し、

面積は143㎢(神奈川県川崎市とほぼ同じ)

主要な産業は島で多く産出する リン鉱石 の加工と出荷

1942年に日本軍がリン鉱石を狙って占領したことや、

この地域の固有種である クリスマスアカガニ が、

Christmas_Island_(5774532171)

産卵期には島を埋め尽くすほど大量に発生することで有名です




もう1つは、キリバス共和国が領有する キリスィマスィ島

北緯1度53分、西経157度24分の赤道直下に位置するこの島は、

珊瑚礁の島としては最大級の388㎢

岡崎市より少し大きいくらいです

主な産業は観光業と特産品である天日塩の製造

特に塩は「クリスマス島の塩」として有名で、

E382AFE383AAE382B9E3839EE382B9E5B3B62012-3d3be

カルビーがこの塩を使ったポテトチップスを期間限定で発売したこともあるそうです



名前は同じだけど全く違うこの2つの島

唯一の共通点は、島の名前の由来

イギリス人がクリスマスの日に島に到達した ということです

オーストラリアのクリスマス島には1643年に東インド会社のウィリアム・マイノースが、

キリスィマスィ島には1777年にかの有名なクック船長が、

それぞれ到達したことから名付けられたそうです

随分と安直なネーミングな気もしますが、

それだけ、欧米人にとってクリスマスというのは大切な日なのですね

そんな大切な日にウィリアム・マイノースは日付変更線まで直ぐの太平洋の孤島

クック船長はインド洋の名も知らない島にいた訳です

2人はそれぞれ、どんな気持ちだったのでしょう?

ちょっと気になりますね



では、皆様はどんなクリスマスを過ごされるのでしょうか?

大海原に冒険に出て、絶海の孤島で過ごすという方は、

流石にいらっしゃらないでしょうが、

今年のクリスマスも楽しい1日であって欲しいものです

それでは皆様、良いクリスマスを!





愛知県名古屋市の介護タクシーなら
フォレストの介護タクシー をヨロシクお願いします!
http://www.かいごタクシー.nagoya/


フォレストのホームページ   フリーコール 0120-965-776
http://www.forest-japan.jp