皆様、いかがお過ごしでしょうか?

土曜日担当の植田です

先週の更新では、 運行管理者試験 の結果を、

合否の結果に関わらず 面白おかしく 発表すると予告しました

では、結果を発表いたしましょう

不合格でした

残念!

しかも、30点満点中 10点 でした

悪あがきも成果を得られず、実に寒い結果となってしまいました

しかし、全体の 1/3 とは・・・

そこで今回は、あまりに見事に1/3だったので、

1/3に関連することを調べてみました

検索ワードの予測変換で「1/3の純情な感情」ばかり出てくる中で、

1/3ルール という耳慣れない言葉が出てきました

これは一体、どんなルールなのかというと、

食品流通業界の慣習を表す言葉だそうです

食品の製造日から賞味期限までを3分割し、

「納入期限は、製造日から1/3の時点まで」

「販売期限は、賞味期限の2/3の時点まで」

とするものpなのだそうです

しかし、これは法で定められたものではなく、

業界の暗黙のルールみたいなもののようで、

この「納品期限」や「販売期限」を過ぎた商品は

賞味期限を待たずに廃棄されるため、

「期限に合理的根拠はなく、食品や資源のムダにつながる」

と主張して反発するメーカーもあったようです

2013年には、この慣習を見直す動きがあり、

1/3の期限を1/2に緩和しようという試みが行われたそうですが、

いくら調べてもこの慣習が変わったというニュースは出てこないため、

未だに根強く 業界の暗黙の了解 として残っているのでしょう

かつて景気の良かった日本が、盲目的に 食の安全 を追及し、

結果的に根拠の無い 賞味期限とは別の期限 を設けてしまったという

負の遺産の一つなのではないでしょうか?

b0064113_19173715




これで、情けない点数で試験に落ちたことは

ちょっとはごまかせたかな?

次回の試験は、今度こそ合格できるよう、

下らないことを調べてないで勉強することにいたします





愛知県名古屋市の介護タクシーなら
フォレストの介護タクシー をヨロシクお願いします!
http://www.かいごタクシー.nagoya/


フォレストのホームページ   フリーコール 0120-965-776
http://www.forest-japan.jp