今回も、道を外れて”油”の世界をのぞきます。

前回は、油と、脂の違いを、比べてみましたが、j

常温で固まる脂と、常温で溶けている油なんです。



で、固まる濁る油を サラサラに固まらないようにする為に、有害なことをするのです。

※見た目綺麗だと、売れますから!!
  油の臭みも取れますので、ただし・・・毒の入った油”ですよ~・
  ( 毒の正体は、トランス脂肪酸!)

 濁った油に、H2 (水素)を通すだけです。

この過程で、トランス脂肪酸が発生するのです。





動物の脂は、牛はヘッド、豚はラード。
で・・・



牛の体温は39℃人の体温36℃より高い!


39度では、溶けて流動性が良いのに、36度ではドロドロになり固まってしまう!!
これが、良くないのです!。



この脂が人の体内に入り、血管内に脂が入ると、分解できないものは固まる。
※風邪をひいて、40℃の熱を出したら牛脂が溶けて血液サラサラになるのかな?

固まった脂が血管を、詰まらせる!

血液が行かなくなり、脳細胞が壊死する・・・終了。

と、怖いことになります。

皆さんが、肉より・・魚・さかな・サカナと声高に謳う訳です。


人間より体温の低い生き物の脂なら、大丈夫です。固まりません!

血管内サラサラです。

皆さんが、肉より・・魚・さかな・サカナと声高に謳う訳です。

魚の脂摂りましょう!




次回、少し危険な商品の、商品名を記入しておきましょう。

出版物として、公になっていますの転載の形で、お知らせできます。


愛知県名古屋市の介護タクシーなら
フォレストの介護タクシー をヨロシクお願いします!
http://www.かいごタクシー.nagoya/

フォレストのホームページ   フリーコール 0120-965-776
http://www.forest-japan.jp