こんにちは 介護タクシー事業部の砂川です。

今日は28日ですが、7月30日についての話です。沖縄出身の私にとっては

すごく印象的な日です。1972年に沖縄が日本復帰しましたが、いろいろ影響が

残ってました。その一つが交通ルールです。日本復帰したにも関わらず、交通ルール

は沖縄復帰特別処置法で米国ルールが続いてました。一国二制度状態です。

「当初国は復帰4年後の1976年に変更作業の実施を検討していたが、海洋博覧会の
開催が優先されたことから延期され、1975年6月24日の閣議により、1978年7月30日
をもって沖縄県内全域で左側通行に戻すことが決定された」 Wikipediaより

そこで復帰後の1978年に完全復帰を印象付けるために一国一制度にする事業

であり車両の左側通行に統一する事業で通称730(ナナ・サン・マル)です。

730の由来は1978年(昭和53年)7月30日午前6時に左側通行に統一することからきてます。

imageimage
               右側の画像が当時の沖縄の国際通りです。

一般車両は右側通行から左側通行にすれば良いだけの話ですが、道路・路面標識等

はすべて左側通行対応にすべて作り変える必要がありました。特に730の話で有名な

話はバス車両をどうするかでした。出入口(ドア)、運転席を入れ替える必要(改造)が

ありましたが、当時は沖縄本島内で約1000台の左ハンドル車両があり

当日にいっぺんに改造は不可能に近くて約800台(右ハンドル)をバス会社が新車で国庫補助で

一括購入、残りを改造という手段をとりました。

運転手は事前に練習(左側通行)を行い当日を迎えたそうです。

・・・と話はもっと膨らみますがここまでにします。

image
私は昭和51年生まれですので生まれた時は上の画像が普通でした。
image
同じ国なのに違和感のある光景です。信号待ちのバス・タクシー
8db8bd8dimage
運転席位置の違いが解ると思います。      こちらは道路標識

一般車両・・タクシーは暫くは左ハンドル車が見られました。私の親の車も・・


愛知県名古屋市の介護タクシーなら
フォレストの介護タクシー をヨロシクお願いします!
http://www.かいごタクシー.nagoya/

フォレストのホームページ   フリーコール 0120-965-776
http://www.forest-japan.jp