前回は、熱中症の対策は??

でした。

答えは、「暑いところに行かない。」ですが、

皆様は、台風が来ると外に出て、川の水量を確かめたくなりませんか?


わざわざ、危険なところに行くのですね。


また、”お化け”出そうなところに行って、幽霊と出会う!

嬉しくないですね。

 
避けられるものなら、避けましょう!



夏の暑いときに、散歩は止めて涼しくなってから、出歩きましょう。

涼しくなっても、昼の屋外が38℃で、夕方は28℃では、10℃も下がっているのに

熱中症になってしまいます。


ご注意!

湿度が高いからです。


湿度の高いときは、汗をかいても体温が下がりません。

サウナの中で、団扇で仰いでも涼しくない!

面倒だから、内側から冷やしちゃいましょう。

冷たいものを飲む。

大量に飲むと、胃痙攣します。

少しだけです。



で、答えは、「暑いときには極力用がなければ、外出しない」でした。


お昼近く外出される方は、注意してください。

佐藤でした。



愛知県名古屋市の介護タクシーなら
フォレストの介護タクシー をヨロシクお願いします!
http://www.かいごタクシー.nagoya/

フォレストのホームページ   フリーコール 0120-965-776
http://www.forest-japan.jp